エクステリアは段差のない工事がおすすめ

数年前に神戸の散骨の評判相模原市でリフォームの評価を知り千葉で目隠しのためのフェンス工事と玄関前のエクステリア工事をしました。
地面には、タイルを貼り芝生も植えたので、とても素敵に仕上がったと満足していました。
でも、長久手の住宅展示場をお手本にしたエクステリア工事後に、生活をしていくと、タイルを貼った部分を、芝生の部分よりも数センチ高くしてあるので、夕方や夜など暗い時間帯に、その段差で転びそうになってしまいました。
子供にも、エクステリアの段差で転ばないようにと注意していますが、地面は固いタイルを貼ってあるので、転んだら危険だと思いました。

でも、地面にしっかりとタイルを貼っているので、転びそうだからといって、私たちでは簡単にはタイルを外すことができません。
主人は、もうすぐ60歳になるので、老後のことを考えて、エクステリアもバリアフリーにしておけばよかったです。
老後に足腰が悪くなった時に、段差があると危険です。
家の中は、バリアフリーにしているので、エクステリアもバリアフリーにしておけばよかったとすごく後悔しています。
エクステリアのタイルは、大理石のタイルとは違って、表面がざらざらなので、雨の日にタイルの上を歩いていて、つるんと滑ってしまうといったことはないから、安心していました。
でも、段差のために転ぶという確率が高いので、転ぶリスクを考えて、毎日エクステリアのタイルの周りを歩いている時に、神経を使ってしまうのです。

芝生がもっと伸びてきて、フサフサになったら、タイルとの段差が改善されるかもしれません。
タイルもかなり大きな物を貼っているので、もしも段差をなくすために、いったん外すとなると、タイルの周りを削らないといけなくなりそうです。
段差をなくすために、タイルの高さに合わせて、芝生をはがすというのも、もったいない気がします。
今やっと芝生が根付いてきているからです。
芝生も草が生えたら、せっせと取って、お手入れをしているので、芝生をはがすのは避けたいと思っています。
エクステリアといった大きな工事をする際には、今現在のライフスタイルだけでなく、5年後、10年後のことも考えてから、設計しないといけないと思いました。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科マッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣ダイエットチャレンジエステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報AGAお悩み相談.com女性のための薄毛治療研究会