自宅のエクステリアは簡単にDIYできる

自宅のエクステリアをDIYしたい場合、初心者なら難易度の低い庭造りから手を入れてみましょう。千葉でテラス工事をお願いしたことがある私の経験では、庭のDIYは基本的に、草木を植えたり砂利を敷く、レンガで花壇を作るといった軽作業が多く腕試しには持ってこいです。
今回は、初心者でも簡単にできる庭のエクステリアDIYについて解説しましょう。

●レンガで花壇を作ってみよう
レンガを敷いて花壇を作れば、オシャレな庭を演出することができます。大まかなやり方ですが、花壇用の溝を掘って基礎部分を作る、レンガを積んで形を整えるといった作業をします。最初にレンガを固定させるためにモルタルを作りましょう。出来たら、花壇を作りたいところに溝掘り、モルタルを入れてその上にレンガを敷きます。
レンガは好きな高さに調整をします。これだけの作業で、花壇は完成。後は好きな植物を植えて、自宅の庭を彩りましょう。ホームセンター等にはレンガ風の花壇ブロックなども販売されています。こちらの素材を使用すれば、簡単に花壇を作ることが可能。レンガを1つずつ積み上げる作業も必要ないため、短時間で作業を行えます。
レンガで花壇を作る方法を応用すれば、庭にレンガの石畳を作ることもできます。花壇と同じ色のレンガを使用すれば、統一感のある庭を作る事ができるので試してみましょう。

●パレットを使ってテーブルを作ろう
ホームセンターにはパレットという木材が売っています。パレットは貨物用に使うものですが、アレンジしてテーブルを作ることも可能です。やり方は簡単、パレットの下部分に足を作るだけです。パレットと同じ木材を使用して足を作り、テーブルの部分にはガラスなどを敷きます。
これだけでオリジナルの木製テーブルが完成。自宅の庭にウッドデッキを作りテーブルを設置すれば、リゾート風の庭を作ることができます。パレットは10,000円くらいから購入可能です。それほど費用もかからないため、初心者のDIY練習用には最適です。